あ し あ と 。

生きてます。自由に。

<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 札幌パワースポット | TOP | 函館方面 神社巡り 1 >>

2008.09.30 Tuesday

小樽方面神社巡り

先日の札幌パワースポット巡りに続いて
Mちゃんと近郊パワースポット巡りをする事にるんるん

今回はMちゃんの「手稲のとこにある、『脳天大神』って気になる〜」の一言で
そちら方面に決定GO!

んじゃ、とりあえず西だね〜という事で5号線を車を走らせ
通り道にある&目に入った神社を片っ端から(笑)という趣旨で進む。

当然、まずは琴似神社
この1ヶ月で3回目なんですけど〜たらーっ

やっぱり素敵だなぁ。素晴らしい神社だぁ。
でも、犬のウン困惑が放置されていましてむかっ
境内に入れるのもいかがかと思うのに、排泄物をそのままにするのは
問題外のマナー違反ですっ!
プンプンしながら捨てておきましたけどっ。
でも、帰りに名物犬犬ゆきちゃんにお会い出来ましてときめき
なでなで出来たので機嫌なおりました(笑)
ゆきちゃん、ナイスフォローグッド

そのまま5号線を走らせ、目に入った星置神社に寄ってみました。

御祭神は
・天照大御神(あまてらすおおみかみ)
・豊受大神(とようけおおかみ)
・大那牟遲神(おおなむちのかみ)
手稲神社の管轄なんですね。

ここには弘法大師の社もあったので、お線香を上げて来ました。


そういえば、ここの巴マークには☆印が入っていて、可愛かった〜ときめきこういうマークはオリジナルオッケーなんですね。


この星置神社から数百メートル先にあるのが脳天大神がいらっしゃる、蔵王寺

高速道路からも見えるし、その名前のインパクトで名前は知っていたけれど。
Mちゃんがさそってくれなかったら行く事は無かったと思う。

ここは、お寺ではあるのだけれど神仏習合で
祀り方は神式、祭礼は仏式だそうです。
建物自体も、中に稲荷があったり不動明王が祀ってあったり。
とても不思議な、面白い空間でした。
でも、私の中ではとっても納得な空気感だったんです。
不動明王は好きだし、神仏習合も、そうあるべきだと思うし
なんといっても
大自然を道場とする山岳宗教である修験道の寺院である。大自然の霊気の中に身をおいて、改めて自己をみつめ修行する事によって、自然と一如の境地を目指す
というのは全く私の理想とするところだな〜という感じだった。

次の日曜日に秋期大祭があるとポスターが貼ってあった。
来てみたいねぇ。

凄く新鮮だった。
Mちゃん、誘ってくれてありがとう!

さて、ここまで来たら、小樽方面まで足を延ばしましょうか。

以前、ミキマキさんが来た時にMさんが連れて来てくれた龍宮神社

ここも、前回来た時に一目惚れならぬ、一見惚れだったんですが
やっぱり惚れ惚れです〜ときめき

さて、もうちょっと行きましょうか!
この辺りから雲行きがあやしくなってきましたが・・・
大丈夫なのさ。晴れ女だから。

忍路のストーンサークルへ。
ここもミキマキさんとMさんと来たところ。

今回は雷がゴロゴロ鳴ってます。それがまた神秘的な空気をかもしています。
今回はゆ〜っくりしてみました。
Mちゃんと、いろいろ感じる事を語り合ってみる。
う〜ん、不思議なところだねぇ。

さて、じゃあ帰りますか。
と、また5号線を戻る途中、Mちゃん神社発見!
寄りましょう〜GO!

塩谷神社

車をとめたら「うちに用ですか〜?」と声をかけられた。
「いえ、おまいりに来たんですけど・・・」と言うと
「ごゆっくり〜」と(笑)社務所、というか宮司さんなのかな?
御神祭は
・倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
・大国主命(おおくにぬしのみこと)
・言代主神(ことしろぬしのかみ)

雨上がりの夕暮れで、写真もちょっと恐い感じになっておりますが汗

帰りに、Mちゃんが「ここの歴史がわかるパンフレットとかあるかな」と
先ほどの宮司さん(?)に声をかけていた。
私は車で待っていたら、「これもらった!」

330年記念手ぬぐいを貰ったとのこと。
小樽最古の神社なんだそうですよ〜。
Mちゃんは「最古の神社」にすっかり興味がわいたらしく、
北海道最古の神社に行きたいね!と盛り上がる。

その後、マンションで一緒にピザを食べながらネットで北海道最古の神社を探す。

・・・・そして、
そのまま「これから行こう!!」となったのでした。

2014.08.28 Thursday

スポンサーサイト


23:58 | - | - | - | pookmark |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://yukikoashiato.jugem.jp/trackback/192

トラックバック

▲top